2012年02月10日

【読了(68/80)】三毛猫ホームズの無人島

三毛猫ホームズの無人島 (角川文庫)
著者:赤川次郎
ページ数:258P
文字数:約175,000文字
読書時間:約4時間(1日)

(Amazon "内容"より)
"10年前、炭鉱の閉山によって無人島となった“軍艦島”に明かりが灯った!翌朝、かつての住人たちのもとに招待状が届いた。困惑しつつも、懐かしさとともに島へと集まる、かつて島で暮らした人々。船の中には、彼らと共に島へ渡るホームズたちの姿が。島で待っていたのは思わぬ出来事、そして予期せぬ殺人―。ホームズが明らかにする10年前の哀しき真相とは?表題作他、3編収録の短編集、ますます好調シリーズ第31弾。"


赤川次郎の作品を読むのは本書が初めてだ。これまで小説を読んだことは殆どなく、著者についても名前を聞いたことがある程度にしか知らなかったため、巻末の解説に驚かされた。作品数は500冊を超えており、累計発行部数は3億を突破しているという。作家デビューをしたのが1976年とのことであるから、それ以来年に10冊〜20冊のペースで執筆を続けない限り達成できない偉業であると解説されている。尽きることのないアイディアとクリエイティビティはどこから着想を得ているのだろうか。その上、執筆活動は今でも原稿用紙への手書きにこだわり、パソコンを一切用いていないというのだから、相当のエネルギーと集中力を備えているのだろう。じっとして読書をするだけでも苦労をしているADHD気味の私には凄いとしか言いようがない。

本書「三毛猫ホームズの無人島」は著者の代表作「三毛猫ホームズ」シリーズの一編で、同シリーズの作品数はシャーロック・ホームズを上回っているようだ。作品には長編と短編があり、本書は「三毛猫ホームズの放火」「三毛猫ホームズの無人島」「三毛猫ホームズの雪合戦」「三毛猫ホームズのキューピッド」の4話からなる短編集となっている。

赤川次郎作品、それもシリーズものを初めて手にとったのだが、それは全く問題にならなかった。同シリーズを知らないがために楽しめないということはなく、読み進めていけば自然と各キャラクターの立ち位置が理解できるようになっている。人間の言葉が理解できる(のだろう)三毛猫のホームズと刑事の片山義太郎、その妹の晴美を中心に展開される物語はとても平易で読みやすい。刑事よりも三毛猫の方が事件の鍵を嗅ぎ分ける能力に長けているという設定が、堅苦しくない柔らかな雰囲気をつくり出しているのだろう。ミステリー作品を愛する読書家には簡単過ぎる内容かもしれないが、伏線が多過ぎると疲れを感じてしまう私にはちょうど良かった。手にとった本書がたまたま短編集だったというのも気楽に読めた理由かもしれない。

ネタバレになるので内容について細かくは触れないことにするが、特に印象に残ったのは、第二話「三毛猫ホームズの無人島」であった。かつて鉱業で栄えた長崎県の孤島・軍艦島(正式には端島と呼ぶようだ)を舞台にした作品で、鉱業会社と労働組合の対立を話中の殺人事件の下敷きとしている。軍艦島が閉山されたのは1974年、採炭条件の悪化と1960年代以降に起こった石炭から石油への需要の移動(エネルギー革命)が理由であったとされていることから、採算が合わなくなり島からの引き上げを行おうとした企業と採掘作業で生計を立てていた島内の労働者との間で実際に対立があったであろうことは想像に難くない。廃墟巡りが好きな私は以前から軍艦島に興味を持っていたため、この島の歴史を題材にした物語は興味深かった。軍艦島は現在では観光資源として利用されているため、いつかは訪れてみたい場所である。

著者は推理小説以外に恋愛小説やホラー小説も執筆しているようだ。これまで読了してきた数少ない小説の中ではミステリーがその数を多く占めている気がするため、次に赤川次郎作品に触れる機会があればホラー作品を読んでみたい。

これまでにも書いてることだけど、学術書は既にある興味を追求するために手に取るのに対して、小説は物語をきっかけに新しい興味を発掘させてくれるのが醍醐味。世の中のあらゆることに興味を持つために、小説をもっと読んで学術書とバランス良く知識を増やしていかなくちゃなぁ。
posted by ないちゃー at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251583832

この記事へのトラックバック

三毛猫ホームズの無人島 ネタバレ感想会
Excerpt: 『三毛猫ホームズの無人島』について、登場人物やあらすじや感想などを書きました。 SF KidなWeblog  三毛猫ホームズの軍艦島殺人捜査パーティー   http://sfkid.seesaa..
Weblog: 少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
Tracked: 2015-04-29 21:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。